スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか

1982年に放送されたTVアニメ『超時空要塞マクロス』の劇場版です。
1984年に公開されました!(動画は続きから)

この作品面白い位置付けになってますね~
映画特報や予告編では「主演、リン・ミンメイ」になっておりアニメ世界内の映画(劇中劇)を思わせる演出になっています。
TV版ストーリーと劇場版ストーリーの違い(ミンメイと輝との出会いなど)などの説明は、それで解釈すればいいのかな~^^;
1990年代以降に製作された『マクロス7』などの続編作品内では、『愛・おぼえていますか』は「ゼントラーディ軍との第一次星間大戦の戦勝20周年を記念して、2031年に公開された歴史映画」と位置付けられるようになりました。

朋毅は日本のアニメ史の中でもかなり高い位置にある映画だと思いますね
1984年の技術の高さというか、セルと呼ばれるCGとは違った手法の中でこれだけのものを作られたスタッフさん達の心意気っていうのか、そういうのをとても感じる作品のひとつですかね。(あとはオネアミスとか、カムイの剣とか・・・)

羽田健太郎さんの音楽もとても素晴らしかったです
羽田さんと言えば「題名のない音楽会21」で司会やピアノの弾いておられる姿が、おいらは一番に思い浮かびますが、マクロスや数々のアニメ作品などの音楽も手がけられてたんですね~

劇中でミンメイが輝の部屋を訪れるシーンにかかったBGM「揺れ動く心」は、朋毅の中では一押しです♪
あのピアノのメロディーが心に残りました
特にこの曲の盛り上がりの後に警報が響き、BGM「ドッグ・ファイター」に流れる展開は音楽であったり映像であったり、みせ方上手いな~と思いましたね!!



主題歌の『愛・おぼえていますか』が流れる決戦5分のすごさも、言葉じゃあらわせません
間奏の中でのミンメイの表情の変化にウルウルしちゃいました
飯島真理さんの歌声って澄んでて、さすが歌姫♪
劇場のような大スクリーンで観てみたいです^^;
(うちのTV、PCもちっこいからなぁ~)


美樹本晴彦さんのキャラは、さすが可愛いです
ミンメイに心奪われましたね~
ミンメイはTV版のラストでの約束通り、未沙が艦長になった船メガロード-01に乗り、銀河系中心部で消息を絶ってる設定のままですね!
一条輝と未沙との間に生まれた長女・未来(みく)ちゃんも、まだでてませんよね。
…いずれ、何かのマクロスシリーズでの登場あるんでしょうか??


現在、漫画版『超時空要塞マクロス THE FIRST』の連載が開始されており、朋毅は楽しみに読んでますー

4巻が6月10日もうじき発売かな?

超時空要塞マクロス THE FIRST (1) (角川コミックス・エース 6-21)超時空要塞マクロス THE FIRST (1) (角川コミックス・エース 6-21)
(2009/11/10)
美樹本 晴彦

商品詳細を見る
超時空要塞マクロス THE FIRST (2) (角川コミックス・エース 6-26)超時空要塞マクロス THE FIRST (2) (角川コミックス・エース 6-26)
(2010/09/25)
美樹本 晴彦

商品詳細を見る
超時空要塞マクロス THE FIRST (3) (角川コミックス・エース 6-28)超時空要塞マクロス THE FIRST (3) (角川コミックス・エース 6-28)
(2011/06/24)
美樹本 晴彦

商品詳細を見る


って、ことで
『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』を~♪
マクロス初見の方は、映画の中での冒頭ナレーションなどの説明は入ってないんで、あらすじなどみてからのほうがわかりやすいかも!



超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか
macross

あらすじ(wikiより)
50万周期にわたり大宇宙で抗争を続ける巨人族の二大勢力、男のゼントラーディ軍と女のメルトランディ軍。西暦2009年、その戦火は地球にも及び、ゼントラーディ軍の奇襲をうけた地球統合軍の巨大宇宙戦艦SDF-1マクロスは、脱出時の動力不調から太陽系外周部へ飛び出すこととなる。追撃をうけながら地球への自力帰還をめざす航海の5か月目、土星の衛星タイタン宙域から物語は始まる。

地球を離れる際避難した5万8千人の民間人は、広大な艦内に市街地を建設し生活を営んでいた。バルキリー隊パイロット一条輝はアイドル歌手リン・ミンメイや、上官早瀬未沙と近しい関係になっていく。そんなありふれた日常風景が、接触した巨人族たちの規律に思わぬ混乱を招くことになる。



映画特報予告集




ここから ↓





スポンサーサイト

Fate / stay night - UNLIMITED BLADE WORKS

『Fate / stay night - UNLIMITED BLADE WORKS』は2010年に公開された作品です。
原作の凛ルートであり、士朗ルートをアニメ化した構成となっています。

ゲームで言えば最初のセイバールート終了後に分岐可能になるルートが"Unlimited Blade Works"(遠坂凛ルート)です。士郎が歩むことになる険しい道と、それを突きつけられてなお揺るがぬ彼の決意が描かれています!
士朗・アーチャー・凛・次にセイバーって感じなんでしょうかね^^;
原作ゲームの知識がないと(少なくてもTVアニメ版)、話がわかりづらいんじゃないでしょうか

朋毅としては、セイバーがキャスターに対魔術宝具「破戒すべき全ての符(ルールブレイカー)」によって使役された後…
そのぉ姿に目が奪われましたね~♪

あと何といっても、マスターとサーヴァントとの力の差みたいなものが…マスターのほうが強いかも@@;



Fate/stay night - UNLIMITED BLADE WORKS
劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS 〈通常版〉 [Blu-ray]劇場版 Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS 〈通常版〉 [Blu-ray]
(2010/09/30)
杉山紀彰、川澄綾子 他

商品詳細を見る




ここから ↓




劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-は

2010年に公開された作品です!
ガンダムシリーズの劇場作品としては、『機動戦士ガンダムF91』以来19年ぶりとなる完全新作です。

TVアニメのセカンドシーズンから2年後の世界で、ガンダム00の完結編ですね
キャッチコピーは「最終決戦(来るべき対話)が始まる」,「最終決戦(来るべき対話)の始まり。それは、人類の目覚め-」・・・
今回の敵はガンダムシリーズ初のELS(エルス)という地球外生命体との「対話」がテーマとなっています♪


正直、これだけ観ても理解に苦しむかな~;;(まあ、わからなくはないでしょうけど…)
全体にTVアニメ1期・2期の予備知識があると、かなりいいかと思いますね


作品感想としては、面白かったと思いますが、120分しかなく詰め込みすぎなのか、もうちょっと時間があり描いて頂けたらもっと理解しやすくわかりやすかったかも^^;
時間短すぎたかな~ってことが大きいですね!

戦闘シーンが若干・・・
新型ガンダムは特にそう感じてしまいます!
ダブルオークアンタ
ガンダムサバーニャ
ガンダムハルート
と、
まあ、サバーニャは乱れ撃ちなどあり、この中では一番見せ場あったのかなぁ~
そういう意味ではクアンタやハルートは、もう少し活躍してほしかったですね
戦闘シーン全般でいうと動きが・・・すごく動いてるんですけど、マクロスシリーズなどのように、見やすくないので、わかりづらい部分が多かったです。

あとは何といってもED後のラストシーンでしょうか^^
メタルせっさん
おいら、ウルウルしちゃいましたね~



朋毅はフェルトが気にいっていたんで、綺麗です!活躍してましたし~
ってことで、満足でした
00gfe







劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
00-g

ストーリー(公式より)
24世紀初頭、突如として姿を現した私設武装組織「ソレスタルビーイング」。彼らはガンダムによる戦争根絶を掲げ武力介入を開始、一時は組織壊滅の危機を迎えながらも、争いの絶えなかった世界を急変させた。
地球連邦政府の成立。その後の独立治安維持部隊アロウズの専横による戦争状態を経て、武力に頼らない社会を選択するに至った人類だったが、西暦2314年、再び危機が訪れる。130年前に廃船となっていた生体反応の無い木星探査船が地球圏に接近してきた。それは、人類の存亡をかけた戦いの始まりを告げる船だった・・・
戦いの中、人類の水先案内人たる革新者(イノベイター)へと進化したソレスタルビーイングのガンダムマイスター、刹那・F・セイエイ。彼は、新たな危機の中で、自らの進化の本当の意味と直面する。果たして、イオリア計画の最終段階とは。そして、「来るべき対話」とは一体何なのか――




ここから ↓




アリオン

『アリオン』は、安彦良和さんの漫画作品です^^

アニメ映画のほうは、1986年に日本サンライズ制作によって公開されました♪
現在のところ、安彦良和さんが自ら作画を手掛けた最後のアニメ作品らしいですね。

感想は・・・とにかく作画、安定していて綺麗です
戦闘シーンなんかの動きも、格好いいですねぇ~

音楽は、久石譲さん
ナウシカ・ラピュタなどなどと同じように音楽がしばらく耳に残りましたね

あと、セネカ役の田中真弓さん。
ラピュタのパズーや、今ではワンピースのモンキー・D・ルフィー役など、数々の作品されてるんですが、セネカがいい
出番以上に記憶に残りましたね
上手いな~~~♪




アリオン

arion

あらすじ(wikiより)
超人と言って良い力を持ち、幾多の地を支配するティタン神族は、かつてウラノスを王として戴いていた。しかしウラノスはその子クロノスによって殺され、クロノスはまたその息子であるゼウスによって殺害されてその地位を奪われる。ゼウスはクロノスを殺した事で地上の王位を手に入れはしたものの、一族の勇者であるプロメテウスによって成された「祖父や父と同様、あなたも自らの子供の手によって殺されるだろう」との予言に怯え、病的なまでに猜疑心に満ちた生活を送っていた。

そんな頃、とある辺境の地にデメテルという女性が住んでいた。彼女は、かつてゼウスの兄であり海上の王でもあるポセイドンとの間に設けた子供、アリオンと二人で穏やかな生活をしていた。ある日、ゼウスとポセイドンの兄であるハデスが彼女の元を尋ねて来た。それはアリオンを攫って刺客と成し、自らを陰鬱な冥府の王へと追いやった弟たちに復讐するためだった。




ここから ↓




劇場版そらのおとしもの 時計じかけの哀女神(エンジェロイド)

2011年公開された映画でっす!
キャッチコピーは「―天使よ、救い給え―」「今夏、中2の翼を羽ばたかせる」。

前半は風音日和を視点にTVシリーズ版の総集編的な内容に展開され、後半以降はf(フォルテ)の続編となっています。

日和・・・かわいいですよねぇ~

内容のほうの話すると、まあ、おいらはこういうのもアリか~っていう感じで、観てましたが・・・
賛否両論ですよねぇ~

確かに色々書かれてるように、総集編の部分が長すぎて・・・っていう意見もわかります^^;

人にもよるんでしょうけど、楽しめたらそれでって考えている、おいらにとっては、これはこれで十分でしょう♪

3期、日和も出るみたいなんで、そのあたりスタッフさんに頑張ってもらえたらなぁ~なんて思っています




そらのおとしもの 時計じかけの哀女神(エンジェロイド)
soraototokei

ストーリー(公式より)
智樹の学園生活を、ひっそりと見守っていた、一人の少女がいた。
引っ込み思案で、恥ずかしがり屋の少女、≪風音日和(かざねひより)≫。
自分とは対照的に、元気に学園を賑わす智樹に対し、密かな憧れを持っていた彼女は、意を決して、智樹のいる"新大陸発見部"へと入部。メンバーたちと交流を深め、友情を育んでいく。
そんな矢先・・・。悲劇が日和を襲った。
謎に包まれているイカロスたちの故郷 "シナプス"からの脅威が襲いかかる!
智樹とイカロスたちは、空美町を・・・そして、悲しい運命に囚われた日和を、救う事が出来るのだろうか。




ここから ↓



NEXT>>
プロフィール

朋毅

Author:朋毅
基本、アニメは好き嫌い抜きで全部観てますね^^;
あとコミックやラノベ、オフゲなど
オンゲも複数やってます!
まあ、日課どまりで終了~って感じですが・・・><★

けいおん!
Categories

openclose

動画収録一覧
    『や』
    『わ』
    その他
最新記事
Comments

openclose

月別アーカイブ
放送中アニメの人気ランキング
応援バナー
検索フォーム
calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
コミックなど
amazon今日の新刊コミック
amazon今日の新譜CD
ブロとも一覧
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。